住まいにおける防犯対策で大切なことは、地域の連携と第一に自宅のドアと言うドアの施錠で、近所での見守りの重要です

安心安全!住まいの防犯対策
このエントリーをはてなブックマークに追加
Contents安心安全!住まいの防犯対策

住まいの防犯対策はドアの施錠を必ず

安心安全!住まいの防犯対策
私が住んでいる街では月に一度、広報が出ています。それには、市内で行われる行事や、連絡事項など様々な情報が掲載されています。そして、防犯対策などの注意喚起も載っているのです。ですから私は、この広報をくまなく読むようにしています。それは、それによって、地域のことがある程度わかるからです。また私の街の警察署では地域ごとの犯罪の発生状況を示したマップをインターネット上に公開しています。私はこれをたまに見て、自分の住んでいる地域が、どのような犯罪が発生しているか防犯対策に役立てています。それによると私の地域では空き巣の被害が多い事がわかりました。ですから我が家でも住まいの防犯対策をしています。その根本となるのが、あらゆるドアの施錠です。空き巣はちょっとした事でも隙があれば、侵入してきます。その意外に多いのが玄関だそうです。田舎などでは今でも玄関に鍵をかけないで過ごす家も多いのですが、都心ではそうも言っていられません。しかし、回覧版を回しにちょっと近所までとか、近くのコンビニに行くのに、玄関の鍵をしないで行く人も多くいます。

私の母がその典型で、30メートルほど先の商店に行く時は鍵をかけないで行く場合が多かったです。その時に、すぐに帰ってくるのならまだ救われるのですが、主婦仲間がいますからそう言う訳にも行かないのが現状でした。幸いにも我が家ではまだ、空き巣に入られた事はありませんが、いつそうなってもおかしくない状態でした。ですから、母には厳重に抗議した結果今では、施錠して行動しているようです。とにかく施錠、そして住まいに常に誰かがいると思わせる事、たとえば出かける時に、家に誰もいなくなっても、無理と誰かいるように、行ってきます。と行って出かけたり、現在はあまりしない場合が多いようですが、長期間留守する時はご近所に声掛けしておくのも大切な事です。そして地域で防犯意識を高める事が、最大の住まいを守る事に繋がると思います。
Copyright (C)2017安心安全!住まいの防犯対策.All rights reserved.